運転免許を持つメリット

近くの病院に勤務している場合は運転免許の必要性は感じないかもしれないが、免許取得をして有利になることはあっても不利にはならない。転職するときに運転免許を所有していると、応募先の幅が広がるため自分にマッチした仕事を見つけやすくなる。例えば、車の運転ができれば訪問看護師として働くことができる。病院側としても運転免許を所有する人材を優先採用することがあるので、転職において運転免許がないとかえって不利になることが多い。
交通の便が完備されているエリアなら車は不要と思うだろうが、車にはプライバシーを維持するメリットもある。車内という空間は、誰からも邪魔されないリラックス空間なのだ。仕事帰りにちょっと遊びに行ったり、買い物をしたりするときも、車があると役立つ。疲れたときは車内で仮眠を取れるし、終電を逃してしまっても車ならば問題ない。郊外に住んでいる看護師は、特に運転免許を持っていてよかったと答えているようだ。
公共の乗り物を利用するにも、バス停まで10分以上歩くという人は少なくない。悪天候の状況で歩くのは大変だし、深夜の帰路は不審者も気になる。実際に運転免許を取得した看護師は、車なしの生活は考えられないという人が多い。数ある資格の中でも、運転免許は最も費用対効果が高いといわれており、いざというときに役立つ資格1位なのだ。運転免許取得の方法には通学と合宿があり、時間がある人にとっては後者が短期間で安く取得できるのでおすすめである。看護師として忙しく働いているなら、【免許を取ろう!】が参考になるだろう。