通勤だけではない仕事に対するメリットも

看護師の中には、すでに運転免許を取得している人も多いが、中には看護師になってから必要性に迫られて運転免許の取得を検討する人も少なくない。特に夜勤など不規則な仕事をする看護師にとって、通勤のストレスが少ない車通勤をするために取得している人も多いようだ。ただ一部からは、「業務に関係のない運転免許を取得する必要性はない」と疑問を感じる声もある。
では、看護師が運面免許を取得するメリットとしてはどのようなものがあるのかというと、まず就職先を広げられることだ。医療機関や介護施設によっては、徒歩や自転車、公共交通機関を使った勤務が難しかったり、通勤に時間がかかったりしてしまうことも多い。そのため、運転免許を取得して車通勤になれば、そのような立地にある職場にも通勤しやすくなるのだ。そうなれば転職を検討した場合も、立地条件を気にすることがなくなるので、選択肢の幅が広がる。
また、緊急で呼び出された場合に車ですぐに駆け付けることができるほか、訪問看護などの訪問サービスに従事する際にも運転免許を活用することができるだろう。特に訪問関係の仕事やサービスをする場合には、運転免許は必須であることが多いので、転職や独立するときには取得しておく必要性が高くなる。このように、看護師が運転免許を取得すると普段の通勤に便利だというだけではなく、転職の際にも有利に働いてくれるため、できるだけ取得しておく方がいいと考えられているようだ。