仕事と適性から考察

公共交通機関が充実している都心部の場合は運転免許の必要性をあまり感じないだろう。特に若者の車離れが進んでいることも近年注目されている。しかし、車が欠かせない地方に住んでいる場合は仕事に就くときに運転免許が必要になるケースもある。希望の職に就きたいが、運転免許を取得していないことで就職が遠のいてしまうのは避けたいだろう。
とはいえ、年齢に関係なく簡単に取れるものでもないのが運転免許だ。筆記と実技の試験に合格しなければ取得はできない。もちろん適性も関係してくるため、仮免許の試験で何度も不合格になる人もいる。もし適性がなければ、運転免許必須の仕事に就くことは考え直したほうがいいかもしれない。運転に自信がない人も本当に免許を取得するべきなのかを熟考したほうがいいだろう。